どうした三銃士!

クラブのビジョンを高らかに謳いあげ、

先頭切って突き進む社長なんてJリーグに何人いるんでしょう。


順風満帆でスポンサーを増やし、

着々と予算を積み上げているクラブが今いくつぐらいあるんでしょうか。



美辞麗句や絵に描いた餅なんて聞きたくもないし見たくもありません。

クラブ経営が依然きびしい状態にあることは誰でも知っています。

2年前などアビスパ消滅の危機さえあったとも聞いていますから…。








わかっています。


みんなよくわかっているから我慢してるんです。



でも凹んでるんです。


どうしようもなく落ち込んでいるんです。


だって真っ先に降格した上に、


生え抜きど真ん中の切札がライバルチームに移籍したんですから…。





三銃士


アビスパの現経営陣、大塚社長、下田専務、田中常務の三人トリオで

自らを「三銃士」と名乗ったのは昨年のお話。

経営のトップがツイッターで直接サポーターに語りかける、

そこにはそれまでとはまったく違う、開かれたクラブの姿がありました。


時に弱気をストレートに告白、

時に勝敗に一喜一憂、

時にガセネタに憤慨したりと…。


経営のトップたる者、軽率に心情など吐露するものではないとしても、

それはそれなりに親近感を覚えたものです。




大学との提携、オール九州構想、他クラブとの関係強化による情報交換など

どれを取っても先見の明だったと言われるような素晴らしいコンセプトだと思います。

外部からの契約社員の募集もきっといいカンフル剤になることでしょう。

いずれもすぐには結果が出ないものとしても…。




それまでは我慢に我慢を重ねてのきびしい身の丈経営。


それも少しは理解出来ているつもり…。




その上で、もっともっと営業してくれよと思いますし、


もっともっとアビスパを魅力化してくれよとも願わずにはいられません。




個人的には今年J2に昇格した某チームのように大勢のサポーターが大挙スタジアムに駆けつけてくれるなら
地域リーグにまで身を落としたって構わないとさえ思っているぐらいで…。(笑)





就任後真っ先に行ったのが、

バックスタンドでのお客様へのあいさつだったあなた方だから、

こんなサポーターの心情は容易に理解できるはずです。

ゼロスタートへの勇気ある決断は結構なのですが、

失敗したらまたもや振り出しではたまったものではありません。

やっぱり不安で仕方がないんですよ…。





だから、言葉を発してください。


どうかメッセージをください。






少なくともシノさん解任から新監督~GM任命までの流れは、

誰がどのような意図を持って決めたのかを説明していただけませんか。







言葉の独り歩き?






たしか三銃士は言葉のプロだったはず…。(笑)








にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

選手の移籍はもちろん、スポンサーのほうも気になります…。

マリノス、天皇杯終わりましたね。
そろそろ覚悟しないといけないでしょうか?(泣)

Re: タイトルなし

>みづほさんへ

もう何が起こっても大丈夫…、

なわけないわな。(笑)


でも新生アビスパも楽しみですね。
非公開コメント

プロフィール

ハイブリッド

Author:ハイブリッド
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード