降格の責任はどこへ

Category : アビスパ福岡
カップ戦を含めすべての戦いからどこよりも早く遠ざかっているアビスパ。

シーズンエクストラな親善試合となったベトナム戦もさしたる成果は上げられず…

わたしにしてはめずらしく動画で一試合を通して俯瞰で観戦したのですが、

ウェリ、ダニ、ジョーゴを欠く布陣とはいえ、

現状のアビスパはここまでひどい状態なのかと、

久しぶりのチーム復帰となったトミが頼もしく見えてしまうという皮肉な内容となってしまいました。

フォーメーションはきれいに並んでいるのに機能しないのはシーズン中と変わらず、

攻撃も単調で敵陣深くまでほとんど斬り込むことが出来ずに、

ただただボールが行ったり来たりするだけのサッカー。


この一年で井原アビスパはどんな練習を積み重ねたのだろう…


先週末の雁ノ巣には穏やかなランのみというメニューとは裏腹に、

きびしい表情の指揮官の姿がありました。



20161119井原



ベトナム帰国後のインタンビューでは長らく保留されていた続投への前向きな回答、何か心に期するものがあったのかもしれませんね。


来季からどうやって戦うのか、

そのままでいいはずはない。


ブレない指揮官でさえ固定できなかった最終ラインの強化は必須、

その中で気になるニュースといえばこちら、

カルロス氏 チーフディレクター就任のお知らせ
http://www.avispa.co.jp/news/post-7867

ブラジルの名門を支えたアドバイザー、

カルロスはアビスパに何をしにやってくるのか。

どこまでチーム作りに介入するのか、

その動きから目が離せないほど堂々たる履歴の人物です。


アジアの壁、日本代表レジェンドとして最大限のリスペクトを受けている井原監督にもの申しにくい空気があることはたしか、

サポーターの弾幕に「検証…」とあったのはそういうことなのでしょう。

ダニの稼働率の低さ、ウェリの負傷離脱など計算外のことはあったにせよ、

とうてい残留に値する試合内容ではありませんでした。

その責任をどう取っていくのか、

どう対処していくのか、

現実から目をそらすことなく、

しっかりと検証してほしいと思います。


20161119雁ノ巣


ナイーブなチームは指揮官の性格を映す鏡でもある、

失われた力強さをどこに求めるのか、

どうすれば指揮官の求める姿に近づけるのか、

納得のいく改革を求めたいと思います。

もちろん、

これからその骨格が徐々にあきらかになることでしょう。





がんばれ!アビスパ福岡!





23日は雁の巣へ!!
http://avispaf.jugem.jp/?eid=1372
byアビスパ福岡公式HP



第16節

11月23日(水/祝日) 11:00キックオフ 福岡フットボールセンターC 

佐賀東高校  


第17節

11月26日(土) 11:00キックオフ 福岡フットボールセンターC

日章学園高校






『練習を見に行こう!』
http://www.avispa.co.jp/game_practice/practicetour


『練習スケジュール』
http://www.avispa.co.jp/game_practice/practice
byアビスパ福岡公式HP


見学は基本的に自由、もちろん無料です!


※コメントをいただく場合は基本的にメールアドレス欄への記載がなくても
問題ありませんのでアドレスの記載は慎重にお願いいたします。




にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

ハイブリッド

Author:ハイブリッド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード