6/18wed. 天皇杯準決勝アビスパU-18×九州産業大学戦

Category : アビスパ福岡
香椎浜にジャイキリの風は吹かず…。

残念ながら2-5で予選敗退となったアビスパ福岡U-18でした。


それにしても格上なはずの大学生が徹底したカウンター狙い、

対する高校生はパスでつないで崩すという、

何とも言いようのない試合内容と結果でした。



職場から何とかギリギリセーフで到着、
20140608ユース天皇杯1


夕やみ迫るこのひととき…。
20140608ユース天皇杯2



相手は強豪、
20140608ユース天皇杯3
当たって砕けろのキックオフです!


20140608ユース天皇杯4



20140608ユース天皇杯5



20140608ユース天皇杯6
と思ったらいきなりの先制点は一年生ながらすでにエースの風格、

11番の崎村君でしたね。
20140608ユース天皇杯7



20140608ユース天皇杯8




電信柱の陰からそっと見守るアキコ、
20140608ユース天皇杯9
ではなくマリヤン。(笑)



守りの大黒柱はこちらも一年生、
20140608ユース天皇杯10
5番の富安君は随所にMOM級の働きを見せてくれました。 昭和の花by小金沢昇司(笑)

20140608ユース天皇杯11



対する九産大の速攻カウンターは威力十分、
20140608ユース天皇杯12
スイッチが入るや否や恐ろしいほどのスピードと怒涛の攻め上がりでアビスパゴールに襲いかかります。



中盤の司令塔で個人的一押しの10番野中君は相変わらずの冴えた配球、
20140608ユース天皇杯13
そして今日は守備にもアグレッシブな姿を見せてくれました。


20140608ユース天皇杯14


アビスパはミスに絡んで失点、
20140608ユース天皇杯15

その直後のフリーキックから7番町田君の技ありゴール!

20140608ユース天皇杯16
キッカーの8番井釜君は今日一番目についた選手でした。


この年代は伸びしろがとてつもなく大きい!

何と言ってもそれが一番の楽しみでもあります。


20140608ユース天皇杯17
スタメンだったこちらも一年生、FW18番の宮内君もぐんぐん伸び盛り。


20140608ユース天皇杯18



20140608ユース天皇杯19


試合の方はミスが続いたアビスパ、

それを逃さず得点を重ねた九産大の圧勝。

今季無敗もうなずける内容でした。


20140608ユース天皇杯20

それでも難しい課題にチャレンジしているのが高校生ってどうなのよ?という疑問は消えないのですが…。(苦笑)


負けはしましたが内容のある戦い、

伸びしろのあり余っている世代ですからきっと次につなげてくれることでしょう。


これからまだまだリーグ戦そしてカップ戦も続きます。

20140608ユース天皇杯21



輝ける未来に向かって、


進め!アビスパユースっ子たち!





2013シーズン試合日程・結果
http://www.avispa.co.jp/game_practice/game_list.html
byアビスパ福岡公式HP

『練習を見に行こう!』雁ノ巣練習場へのアクセス
http://www.avispa.co.jp/game_practice/practicetour.html
byアビスパ福岡公式HP

『練習スケジュール』
http://www.avispa.co.jp/game_practice/practice/practice.html
byアビスパ福岡公式HP
見学は基本的に自由、もちろん無料です!



にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

No title

九産大の内藤コーチは、選手時代は連覇してた頃の鹿島の選手で、野見山さんも一緒に仕事されてたはずで、ここのOBでもあります
指導者としては、鳥栖の松本さん・赤帽さんの元で勉強され、その後、J1の山形で小林さんを支え、新潟ではユースのコーチをされてました
もう一人のコーチも、元熊本ユースのコーチです
サッカーのスタイルに、カウンターが良いとかポゼッションが良いとかはありませんよ

失礼ですが、久藤さんと九産大のコーチ陣では指導者としての経験が全然違います
この世代は指導者の指導力がものすごく大事な時期なので、私はもの凄く心配しています




Re: No title

>あ さんへ

カウンターとポゼッション…良し悪しというよりは好き嫌い、いや負け惜しみで語ってしまいました。(苦笑)
状況に応じて使い分けるのがベストなのでしょうが…。

それでもシーズンインした当初からグンと伸びを感じた選手も見受けられましたので、スタイルが合っていればその才能が伸ばせることもあるのでしょうね。
監督自らがバスの運転手を努めたりフィジカルトレーナーが不在など、質云々を問う以前の問題がクラブにあるのが現状でしょうか。

野見山氏の意向が反映される来季以降の体制も気になるところです。

いつも貴重な情報ありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

ハイブリッド

Author:ハイブリッド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード