Jの行方

Category : アビスパ福岡
ジュンとジョーゴ、

まるで一心同体だった二人のJ。

ともにアビスパが育んだとも言える至宝…。


そして去年の暮れ、矢継ぎ早に続いたクラブリリース。

結果二人は別々の場所でさらなる高みを目指すこととなりました。


大方の予想を覆してJ2チームへ、電撃的とも言える移籍を決めたジュン。

対するジョーゴは他チームのオファー(未確認)を蹴っての残留。

ジョーゴ


それにしても生え抜きど真ん中、ジュンの移籍は衝撃的でしたね。


1026ジュン

昨年泥沼にあえぐチームの中で一人気を吐いていた、

そんなチームの中で気持ちだけが空回りするジュンを何度見たことか。



当然今季はミスターアビスパとしてチームに堂々と君臨したはず、

ジョーゴ残留のコメントはジュンにこそふさわしい言葉だったはずで…。



環境を変え、新しい刺激を受けることによってステップアップしたい。



ここしばらくの間チーム不振の中で必死にもがき苦しんだジュンが、

一選手としてそう思っていたとしたら…、そのことへの理解は十分にできます。

むしろジョーゴでさえもそうした方が本人のためにはいいのでは、と思っていたぐらいですから。



プロのサッカー選手がステップアップを願って移籍して行くのはごく普通のこと、


それがユースから15年も在籍した生え抜きど真ん中の選手でなければ…。



ジュンはなぜ、


最終的にアビスパに残る気持ちになれなかったのか、


そのことが一番気になります。



そして京都から古巣に復帰する水谷は、


なぜそれでもアビスパのためにもう一度、と思えたのか…。



クラブ存続という御旗の元に、一番大切なものまで切り捨ててしまってはいないのか。


そこに愛されるクラブへという視点はあるのか…。



今のアビスパ経営陣に対して、意見交換会を経た今でもその疑念は消えません。

ひたすらコストを切り詰めるだけでさしたる結果を残せたとは言い切れない現経営陣。

行き当たりバッタリでコロコロと変わってしまうチームの戦略。

選手たち、いい加減嫌気がさしてはいるのではないでしょうか。



選手の甘えと言ってしまえばそういうことなのかもしれませんが、

でも果たしてそれだけなのでしょうか…。



せめて雁ノ巣ストーカーとして、

大切な宝をアビスパはなぜ失わなければならなかったのか、

なぜ生え抜きど真ん中の選手が二年も続けてアビスパを後にしたのか。



果たして今のアビスパは、


ジュンがこの先やっぱりアビスパのために戻りたい、


と思えるようなチームたりえているのか。



そのことを決して忘れることなく、

これからもしっかりと見守りたいと思っています。






地元に愛されるクラブへ、

そして選手たちにも離れ難い愛着を持ってもらえるような、

そんなアビスパになる日まで…。






いつの日か、


その時が来たら、


迷うことなく、


アビスパに戻っておくれよ、


スズキジュン!


0804雁ノ巣ジュン



そうは言っても今季のヴェルディ戦は、みんなきっとガチで燃えるから覚悟しろ~い!



にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

Comment

非公開コメント

プロフィール

ハイブリッド

Author:ハイブリッド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード