11/11sun. 今季最終アウェー鳥取戦レポ by デフォーさん

Category : アビスパ福岡
結局有終の美さえ飾ることが出来なかったアウェー鳥取戦。

キュラソーにて観戦だったデフォーさんよりレポが届きました。

こちらはレベスタで逐一試合経過のメールまでいただいていたのですが、

目の前で繰り広げられる熱戦とは対照的な脱力の結果にガッカリ…。




『最終戦はアウェー。
残留をかけて戦う鳥取戦でした。

立ち上がりいきなりアビスパがゴールを決めます。
アビスパの左サイドでの展開から一度は鳥取にボールが渡りますが、
すかさずサカティがプレスを仕掛けゴウが奪取、
ゴウがそのままエリア手前あたりまで侵入し、左足で決めました。

余裕があったのは事実ですが上手いシュートでした。

しかし、これでやるべきことが整理され落ち着きを取り戻しはじめた鳥取は
前半8分アビスパの左サイドを崩し小井手選手のクロス、

これを何故かゴール前のツックンがトラップ。
そこを逃さなかった鶴見選手にプレッシャーをかけられるとあっさりとボールを手放しゴールへ…

声の掛け合いで済む話なのにこれさえまともに出来ていないのかと呆れてしまいました。

このゴールでイケイケになる鳥取はゴール前までボールを運ぶものの肝心のシュート精度を欠き、
神山の好セーブもありゴールならず。

鳥取はゴールは決まりませんでしたが、自分たちのサッカーを貫いた前半でした。

一方アビスパは基本的な部分もままならずで押し込まれ続けた前半。



後半はアビスパが一時的に押し込んだもののリュウの退場でトドメ。

しかしながらリュウが残っていても勝てた試合かと言われればそうでもないかと思います。

結局終了間際に鳥取左サイドから鶴見選手(だったかな?)がシュート。
これをゴール前に弾いてしまうとフリーで走り込んできた吉野選手が決め鳥取が逆転。

程なくして試合が終わりました。


この試合ジュンを右サイドに起用し、攻撃の厚みを増やしにかかったアビスパでしたが
マイボールになってもジュンに渡るケースは少なく、ジュンもやりにくそうにしていました。

和樹の怪我によりボランチに戻ると力を発揮したものの勝利には導けずでした。



結局後半戦は最下位。
終盤戦は特に力の差を感じる試合が多かったです。

この鳥取戦もモチベーションの差はあったでしょうが、それ以上のものがあるような気がしました。』






デフォーさん、映像でもしっかりとチームの雰囲気を見てましたね。

レポート、本当にありがとうございました。




さてと、


これで、


この状態でJ2を代表するベトナム遠征とは…。


とにかく来季に向けての好材料をしっかりと掴んで来てほしいと思います。


がんばれ!アビスパ福岡!


RIMG0079_convert_20121113151718.jpg
11月10日の雁ノ巣練習より。

吉田コーチは居残り組でしたか…。





にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

Comment

非公開コメント

プロフィール

ハイブリッド

Author:ハイブリッド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード