裸の王様

Category : アビスパ福岡
鈴木惇選手(福岡)

「正直、やりきった感じが全くしない試合で不完全燃焼のまま終わってしまって、しかも、ホームでああいう試合をしてしまって、相手に優勝まで決められてしまって、終わった瞬間は情けなくて立っていられないくらい悔しかった。
ダヴィにも得点以外のところでは1人で持ち込まれたというシーンはなかったと思うし、1人、1人は頑張っていたと思うが、それが上手くつながらなかった。

チームとしてのやり方は甲府の方がハッキリしていた。

ボールを持っていないときは前から連動して潰しにきたし、ボールを持った時はダヴィに素早く当てるのか、サイドに当てるのかという判断が全体として出来ており、そういう差はあったと思う。

練習中から、監督からは余り細かいことは言われず、自分たちで話しあいながらやっていて、難しい部分もあるが、最終的に、その場でやるのは自分たちなので、今日みたいな時にどうやるのかというのを自分たちで判断出来るようにならなくてはならない。

今日の試合では、11人が11人、それぞれ違う感じ方をしていると思うので、前の選手と後ろの選手で、もっと意見をぶつけ合ったりとか、細かいところ突き詰めて行けるようにやっていかないといけないと思う」


【J2:第39節 福岡 vs 甲府】試合終了後の各選手コメント(12.10.21)より抜粋http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00145685.html
by J's GOAL


甲府に優勝を決められた瞬間、ピッチに大の字に横たわったジュン。

1021ジュン

ジュンほどの選手です、きっと覚悟の上での発言でしょう。



それに引き換え反省の弁を自身有利に働かせ、巧妙な言い訳を並べたてる指揮官。

【J2:第39節 福岡 vs 甲府】前田浩二監督(福岡)記者会見コメント(12.10.21)
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00145683.html
by J's GOAL




実に馬鹿馬鹿しい…。

まるで続投が見え見え、余裕綽々なコメントではありませんか。

こちとらサッカーはドシロートでも人間を見る目ぐらいはあるつもりですから…。




何が「街を走る」だ。


アビスパは今や危機的状況に瀕しています。


目の前にある現実を見ずして、闇雲に走る意味がどこにあるのでしょうか。




スタジアムで何が行われているのか、

雁ノ巣で何が練習されているのか、



しっかりとその目で見て確認してほしいと思いますよ、

アビスパの任命最高責任者さま。

あなたにはそれを見極める公明正大さがあるのだと、

今でも信じていますから。




繰り返します。

このままでいいはずがない。





にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

Comment

No title

こんばんは。

今はただ監督続投(コーチ含め)がない事を願うだけです。

そして選手が大量に流出しないで欲しい。

招聘する監督は新人監督だけは勘弁して欲しい・・・・・・・

ここまで酷くなったチームを立て直せるのは実績のある監督が必要です。

それだけです。。。。

Re: No title

>SOCIOさんへ

もうこれ末期的症状ですよね。

この入場者数ではどの道大ナタをふるうことには間違いないでしょう。

せめて目利きとなるアドバイザーをつけてほしいのですが…。

まずは失敗をはっきりと認めなければ前には進めませんね。

フロント並びに監督問題

こんばんは

松田さん、小林さんに対して、あれだけ非礼極まりない嫌がらせをしていたオブリが、今回はなんでダンマリを貫いてると思いますか?
監督問題を考えるにあたって、ここが一番のキーポイント

雁ノ巣に、山本さんが現れれば、なぜか社長も雁ノ巣に現れる
山本さんがJ2のほうが楽しいと発言すれば、社長が即座にラジオでJ1もJ2も一緒という事を言う
前田さん続投の話が流れてますが、就任時もそうだったけど、クラブ側の発表よりもオブリ側から先に情報が流れてくる

つまりは・・・経営陣、フロント、オブリは三位一体のズブズブの関係
これでは悪くなる事はあっても、良くなることは絶対にないです

社長が駄目なことは今に始まったことではありません
就任時の4月には、すでにスポーツ用品の関係者からは駄目だしを食らってましたから・・・
他にスポンサー関係からも色々といわれてるんですよ・・・
思えば・・・昨年の10月も選手と社長の間には南極並みの冷たい風が吹いてましたけど、今年はそれ以上・・・
関東の方では、アビスパから選手を救出しないとって言ってる人がいるくらいですから、相当覚悟しとかないといけないと思います

この一年でアビスパの失くしたものは、言葉で表せないくらいとてつもなく大きい
昨年までのチームとして土台が完全に崩壊したのは栃木戦の再開試合
でも、小さいながら崩壊が始まったのはジャンボの放出からだと思ってます

しかし・・・それよりもなによりも経営陣と選手とサポの間の信頼関係が完全になくなってしまった

はたして大塚ー田中体制で、立ち直す事ができますかね

非常に危惧してます

























Re: フロント並びに監督問題

>春蝉さんへ

ご指摘の応援団と経営陣の関係についてわたし自身は事実を確認していませんが、

大塚社長がお互いの良好な関係を意識されているのは感じますね。

成績が悪い→試合後応援団座り込み→経営陣吊るし上げのようなステレオタイプで最悪な展開に

陥っていないことはむしろ評価できるのではないでしょうか。

そんなことは誰も望んでいませんし、横断幕のメッセージが励みになる選手がいることもたしかですから。


コストカットは誰かが断行しなければいけなかったわけですから、

それを成し遂げるための痛みは避けられないことだったのではないかと思います。

ただしそこでもしも間違った判断をした場合はしっかりと総括しなければいけないし、

きちんと反省して前に進んでほしいと思います。
非公開コメント

プロフィール

ハイブリッド

Author:ハイブリッド
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード