そこに無理はないのか…。

日本代表対ブラジル代表の親善試合、

前半途中からテレビ観戦しました。


なるほど、テストマッチだからこそ出来る真っ向勝負。


日本代表のパスワークで必死に斬り込む攻撃を眺めながら、

ふと思ったこと。


もしかしたら、

間違っているとは思いながらも、


マエカンの目指しているサッカースタイルとは、
今の日本代表のような姿なのかなと…。


もしもそうだとしたらその到達点はあまりにも高い。


相応のスキルと経験を持ち合わせた選手がそろわなければ、
カウンターの餌食となってジ・エンド。

それは今季幾度となく繰り返されたシーン。


そもそもそれは弱者の武器と成り得るのでしょうか。


今季の雁ノ巣の練習風景も然り、

選手のプロ意識と自主性を重んじるメリハリの効いた練習スケジュール。

これもある程度以上の高い意識と技術のある選手が数多く備わっていれば、
が前提のはず。




理想と現実、


はっきりと現れた結果にマエカンは今何を思う。



理想は理想、

残りの試合は何が何でも勝ちに行く、

そんな泥臭さもぜひとも見せてほしい!




がんばれ!アビスパ福岡!




20日の土曜日の練習は非公開ですか…、つくづく残念。(涙)


にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ハイブリッド

Author:ハイブリッド
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード